伊佐山先生-宮崎訪問⑧

c0018010_07050296.jpg

c0018010_07044800.jpg
鹿児島では、水戸で知り合った労働法が専門の伊佐山先生と久しぶりにお目にかかった。高見馬場のいつもの「おくや」である。当方が新潟の銘酒を持参したら代わりに、西郷隆盛が愛したともいわれる幻の焼酎をいただいた。都内ではなかなか見つからない逸品。ありがたい限りである。

伊佐山先生は、私の前の会社の先輩と大学の同窓で、私の水戸への赴任を機にご紹介をいただいた。茨城・土浦のご出身で、紹介いただいた当時は、水戸市内の大学の教授であられた。

腹の座ったなかなかの人物である。鹿児島に良くいるタイプである。私は水戸に10年近くいるが、こういう人物は、茨城では、珍しい。誤解のないようにいうと、私は大学と自宅の往復で年間のほとんどが終わってしまう。茨城県人との付き合いが少ないので、こうなるのかもしれない。

「おくや」は、鹿児島には珍しい、日本酒をたくさん置いている店で、味もいい。最近のお互いの話や現政権の情けなさで、いつも意見が一致するのである。








[PR]
by kogaj | 2018-04-04 07:13 | 友人

水戸・偕楽園にて


by kogaj