炎神

c0018010_08201932.jpg

c0018010_08200595.jpg

先般、所属する部門の歓迎会があった。場所は、中華料理屋「炎神」。JR水戸駅から歩いて5分ほど。近いといえば、近いが遠いと言えば遠い。「田舎の近いと都会の遠い」である。その心は、通行人に場所を聞くと、田舎で「近い」ですは、実際に歩いてみると、結構かかる。都会だと、「遠いですよ」といわれるが、歩いてみると結構近くである。時間に対する感覚の違いだろうか。要はスローライフである。

ここは、お酒を余りたしなまれない食通のAさんが見つけてくれたところ。コース料理を頼む。2900円。飲み放題をつけると1500円。結局、飲み放題はつけなかった。四川料理という触れ込みだったが、私は辛いのが好きなのも関係あるが、別に辛いとは思わなかった。味は、まあ、いい方だろうか。

難点といえば、注文したドリンクが来るまでに時間がかかることだろう。ビールをお願いしても10分くらいかかる印象。実際は、4-5分だったのかもしれないが、酒飲みにはそう感じられた。間が空いてしまうので、とても興ざめである。店のウエイターの配置に問題があるのだろう。酒飲みは、お酒を楽しみたくて訪れることが多いから、これは大きな問題。よほどのことがない限り、友人と一緒に来ることは今後ないだろう。

そういえば、以前に昼飯で来たことがある。私は、牛肉炒めを頼んで何も問題なかったのだが、堅焼きそばを注文した友人は、あまりオイシくなかったとこぼしていた。味は人によって違うから、こんなこともあるのだろうか。


[PR]
by kogaj | 2018-04-07 08:23 | グルメ

水戸・偕楽園にて


by kogaj