大阪・紀伊国屋の拙著

c0018010_10520249.jpg

この春卒業した私のゼミ生からメイルをいただいた。写真付である。なんでも、大阪に出張した際に、梅田の紀伊国屋に拙著『ロックフェラー帝国を倒した女性ジャーナリスト-アイダ・ターベル』があったとの報告とそのショットである。嬉しい限りである。

梅田の紀伊国屋は、私が大阪にいた社会部・経済部時代に良く利用した。阪急電鉄の梅田駅の階段を下りるとその下に紀伊国屋がある。サラリーマン、学生が良く利用するところだ。曽根崎新地にやはり規模の大きな書店の旭屋が当時あった。出版不況もあってここは何年か前に閉店となったようだが、紀伊国屋はどうにか永らえている。大阪に寄ることがあれば、行ってみたいものである。

[PR]
by kogaj | 2018-06-21 10:53 | 書評