人気ブログランキング |
カレンダー

2010年 03月 14日 ( 2 )

友,遠方よりきたる

小学校の友人が、何と、この水戸にはるばる遠征いただいた。関西からである。実に楽しいひと時であった。所属する学会があったためなのであるが、その学会の展示物をのぞいたらとても興味深かった。

梅まつりが開かれている偕楽園に足を延ばす。その日までライトアップがされているということであった。行ってみると、「どこがライトアップされているのだろう」と困るくらい暗かった。
c0018010_663928.jpg

水戸藩は、もともと質実剛健、質素を旨にしている。それがライトアップにまで反映されているのかと思うとなんだか笑ってしまった。もっとバンバン、にぎにぎしくやればいいのにね。千波湖にもいってみた。

終了後は、先方の提案もあり、お寿司をいただく。小学校時代の話も飛び出し、楽しい会合であった。
by kogaj | 2010-03-14 23:50 | 友人

グリーン革命

「フラット化する世界」「レクサスとオリーブの木」などの著書で知られるトーマス・フリードマンの近著の翻訳である。1年くらい前に入手したのであるが忙しくて、やっと読めた。オバマ大統領が提唱する景気立て直しのためのグリーンニューディールのベースになった論文の感がある。


「レクサス・・・」や「フラット化・・・」は面白いと思ったが、今回はそれほどでもない。
ただし、今後、環境が企業にとってキーワードになってくるということが良く分かる。

鳩山内閣は温室効果ガスの1990年比25%の削減を発表して以降、産業界の批判が強い。日本は、これまで環境に相当力を入れてきた。日本は世界の環境先進国である。こんな論調が目だつ。

ところが私の耳には、これとは全く反対、正反対の考え方が結構前から入ってきている。日本は、10年前はそうだった。だが、最近は、環境では、世界の中では遅れているという考え方である。
by kogaj | 2010-03-14 09:31 | 書評