2018年 01月 08日 ( 2 )

c0018010_20190696.jpg

 アイルランド出身のピーター・サザーランドが死去した。71歳だった。今から約20年前の1990年代中盤は、スイスのジュネーブでウルグアイランド(新多角的貿易交渉)が開かれていた。知的所有権や日本のコメ市場の開放などを巡って各国の利害が対立し、交渉は、なかなかまとまらなかった。

 経済部からロンドン支局へ配属された私は、頻繁にジュネーブへ派遣され、交渉の取材にかかわった。この交渉のトップに就いたのがサザーランドで、100か国以上の利害を調整し、最終的な合意に持ち込んだのはサザーランドだった。欧州では、弱小国のアイルランドだったのにもかかわらず、国際機関のトップに就き、交渉が合意に漕ぎつけたのは、サザーランドのずば抜けた交渉力の手腕なしには考えられない。

 記者会見の対応もとてもよく、例えば、100人以上が出席している会場で、私の同僚の記者の当時ジュネーブ特派員の会田が手を挙げると、「お前が質問がないから変だと思っていたが、やっと手をあげてくれたな」などと軽口をたたきながら、応じていた。記者にもとても愛されていた。


 世界貿易機関(WTO)のトップだった時に、単独会見にも応じてくれ、ゆっくりとした分かり易い英語で対応してくれたことを思い出す。帰り際に、オーバーを羽織ると、たまたま同じ柄で、サザーランドから「おおお・・同じオーバーじゃない。いい趣味しているね。どこで買った」などと声を掛けてくれた。

 特派員生活を終えた帰国後に、ゴールドマン・サックスの東京支社へ取材に出かけたら、たまたま、サザーランドがゴールドマンのパートナーに転身した時で、東京の担当者にWTOでの話を離すと驚いていた。国連の事務総長特別補佐などにもついて世界的に活躍されいた。
人間的にも能力的にもずば抜けた人だった。ご冥福をお祈りしたい。


[PR]
by kogaj | 2018-01-08 20:21 | 国際

新年賀詞交換会

c0018010_11362987.jpg

 先週は、イベントのため上京する機会が複数回あった。そのうちの1つが、経済3団体の新年祝賀パーティー。1995年に財界を担当して以来、都合がつかないケースを除いてほとんど顔を出している。その時々の様子が分かって面白い。
 今回の特徴は、経団連の榊原会長が、安倍政権の経済政策を100%どころか120%持ち上げたことである。手放しの褒めようというべきか。格の高い財界総理なのだから1つ位は注文を付けるのであるが、それもなかった。異例である。6月に退任するので、「もういいや」ということなのか。これでは、政高財低が一段と進むばかりである。

 演壇に立った安倍首相の挨拶で興味深かったのは、年頭記者会見でぶち上げた「憲法改正」を1コトも発言しなかったことである。なぜだろうか。それ以外は、ゴルフ談義。聴衆の笑いを誘っていたが、「低レベルの発言に終始するこんな首相で良いのかね」と疑問を抱いた。もっと格調高く会ってほしいものである。財界人は、もっと勉強しておるぞ。

 27年ぶりに会った外交官もいた。現駐日英国大使のポール・マデンである。私のロンドン特派員時代に一緒に飯を食べたなあ。自宅にも読んでいただいたことがある。キーの高い声などは当時とは変わらなかったが、一段と恰幅良くなっていた。一緒にいた駐日ドイツ大使を紹介していただいた。

[PR]
by kogaj | 2018-01-08 11:37 | 経済

水戸・偕楽園にて


by kogaj