2018年 07月 16日 ( 1 )

火星の観望

c0018010_14595118.jpg
火星が大接近中である。押し入れの中にあった天体望遠鏡を引っ張り出して、組み立てた。約5分。鏡筒部分の対物レンズをのぞくとなにやらごみのようなものがある。長年ほったらかしにしていたのでついに、カビが生えたのかと一瞬ギクリ。天体望遠鏡の心臓部にカビが生えたら使い物にならん。

ハンケチなどで取り除いて、火星に照準を合わせた。午後11時頃だと、南方の東寄りの空にある。低い位置なので、分かりにくいか。明るい黄色い星が視野に入ってきた。ピントを合わせるのだが、表面の模様は見えない。大気の状態が悪いためか、それともカビで見えなくなっているのか。その辺は良く分からん。

日を置いて再度トライして見るしかない。

[PR]
by kogaj | 2018-07-16 14:57 | 大学生活

水戸・偕楽園にて


by kogaj