人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:大学( 302 )

2年生歓迎会

猪俣先生の仕切りで2年生歓迎会を挙行した。生協の部屋を借り切ってのイベント。100人くらいいたかな。うちのゼミからは、4年生2人が出てくれた。興味があると言って関心を示してくれたのが計5人。こんなもんかな。


by kogaj | 2019-05-01 11:58 | 大学

送別会に大感激

先般、学部の同僚に定年送別会を開催していただいた。水戸の有名なアンコウ料理の店でした。もっともいただいたのは、トリすきのようでした。私はどちらかというとアンコウ料理はおいしいと思ったことがほとんどないので、良かったかな。同僚の温かい心がジ~ンとしみいる良い会でした。最後に華麗な立派な花束と高価な記念品をいただきました。深謝でした。

by kogaj | 2019-03-15 09:07 | 大学

追いコンが終了

先般、この3月末で卒業するゼミ生の追いコンを挙行した。当初、欠席が多いとのことで、いったいどうなることか危ぶまれたのだが、在学生が予定などを調整してくれて、インフルエンザを羅患したゼミ生を除くほとんどが顔をだしてくれた。ありがたいことである。本当にいいゼミ生たちです。加えて、水戸市近辺在住のOBも参加いただき、とても和やかな集まりとなった。


今年3月の我がゼミの卒業生は、5人、いずれも全天候型のつわものばかり。私の指導が行き届いていた成果であると自負している。恒例の全員発言では、卒業する学生の要望もあって、4年の3年生のゼミ生に対する評価を披露していただいた。いずれも歯に衣着せぬ論評で、指導教員でもある私がきいていて、そんな風に見ていたのかと驚くこともあった。


いずれも4月から学外へ飛び出す。京都などの遠方で、仕事を始めるゼミ生もいる。40年ほど前に私も大学から社会に旅立った。つらいこともたくさんあった。だが、それ以上に楽しいこと、勉強になること、自分を高めることができた経験があるのが社会である。5人には大きく羽ばたき、大いに期待したいものである。


恒例の、4年生からのプレゼントをいただいた。特大の花束と夫婦箸である。花束は、自宅のボヘミヤグラスの花瓶に入れて玄関に飾った。素晴らしい。箸は私のお気に入りで、翌日から使わせていただいている。ゼミ生の顔を思い出し、ニンマリしている。ありがたい限りである。卒業式は26日、これが大学での彼らとの最後となる。大きくたくましく旅立ったほしい。

by kogaj | 2019-03-05 22:47 | 大学

頑張れ!!高野さん

c0018010_13165689.png
今朝の朝日新聞の論壇のページに本学の高野光平教授のインタビューが掲載されていた。昭和のサブカルチャーにめっぽう強く、朝日新聞の記者がそれに迫っていた。最近、その関連の書籍を上梓され、脚光を浴びている。

茨城大人文社会科学部は、歴史が専門の磯田さんがおられたころは、マスコミへの露出度が高く、世間的にも注目を浴びることが多かった。最近は、チバニアンの理学部の岡田教授がマスコミに登場されるのが目立つ。高野さんに大いに期待したい。

c0018010_12270814.jpg

by kogaj | 2018-07-25 12:28 | 大学

謝恩会

c0018010_08334642.jpg
夕方は、恒例の謝恩会があった。これは、学生のご厚意で、教員を招待していただける会合である。市内のホテルで挙行してくれた。教員が全員が出席した。都合があって欠席する学生もいる。

卒業生の数人が司会が務めてくれる。途中のイベントをはさんで最後に教員の挨拶、花束贈呈、記念写真となる。私は毎年同じことをしゃべっている。「これからの人生は面白いぞ」という内容である。

卒業生が気を利かしてスパークリングワインを差し入れしてくれた。それもいただく。ゼミ生の1人がこのホテルで4年間アルバイトしていたことも分かった。この学生は、総合職として放送局に入り、アナウンサー、記者、営業などを担当する。喋りが上手いので、記者やアナウンサー向きでもあるし、対人関係が上手で、外交的だから営業で抜群の成績を上げるかもしれない。

我がゼミは多士済々である。

by kogaj | 2018-03-25 07:58 | 大学

大きく羽ばたいてほしい


c0018010_12002982.jpg
国立大では、昨日、卒業式のところが多かったようである。本学も、その例に漏れず、午前中に近くの武道館で挙行された。学部からは、教員を代表して学部長などが出席するだけ。教員は、学位授与式から参加する。保護者の参加が多いのは、最近の傾向のようである。

40年前の私の卒業の頃は、卒業式もなかったし、学位授与式もなかった。大学紛争の終わった直後。20年近く続いた混乱の傷跡は深く、こうした行事を避ける大学が少なくなかった。記憶が定かではないが入学式もなかったような気がする。広い学部の部屋に集まって当時の学部長の話を聞いた。その後、教務課に行って、卒業証書をいただいて、ただ、それだけ。終了後は、三々五々に散り、ガランとした学部の中にいて寂しい思いがした。

それが復活したのはいつの頃だろうか。私の子供たちの頃は、既に入学式、卒業式はやられていた。マンモス大学が、午前午後に2回に分けて入学式を挙行したのが、新聞ネタになっていた記憶がある。

40年前と比べると、今の大学の卒業式それに続く、謝恩会などはとても華やかである。私のコースは女子学生が多いので、写真のようになかなか素晴らしい。放送、新聞、銀行、保険、商社などと4月から入社する企業、団体などの配属先も決まり、皆、とても嬉しそう。元気いっぱいである。https://kogazemni.exblog.jp/

by kogaj | 2018-03-24 12:15 | 大学

卒業式

c0018010_08540980.jpg
本日は大学の卒業式。会場のスペースの関係から教員は、この式には、出席しないが、終了後に学部で学位授与式がある。これに出席し、祝辞を述べることになる。終了後に研究室で簡単な乾杯をやる予定。

卒業を前にゼミ生がいろんな感想を書いてくれた。大きく羽ばたいたもらいたいものである。写真は、昨年の学位授与式の様子。広告会社に入ったT君である。https://kogazemni.exblog.jp/


by kogaj | 2018-03-23 08:01 | 大学

三田倶楽部

c0018010_21112653.jpg
昨日アップした記事の「三田会」では、やや誤解されるような表現があった。正確に書きましょう。帝国ホテルの地下にあるのは、三田倶楽部です。三田会ではありません。

銀座にNYの高級デパート「バーニーズ」があるが、その階上に交詢社という組織がある。これも、三田会と同じ、慶応系の組織である。何でも福沢諭吉が社交の場としての創設を呼び掛けたのが発端のようである。慶應出身だけと必ずしも限定されているわけではないようだ。しかるべき推薦者2人が必要のようだ。

英国には、このような社交の場としてのクラブがある。英ロンドンにホワイトホールと呼ばれる官庁街があり。日本に当てはめれば、「霞が関」あたりか。それに通じる通りにポールモールという通りがある。英国人の発音を聞くと「パルマル」と聞こえる。ここは、オックスブリッジ系をはじめとしてた多くのクラブがひしめいている。

 一度、英大使館の高官に連れて行っていただいたことがあるが、大学内にある教授向けの食堂のような極めて簡素な雰囲気。食事も別においしくはなかった。もっとも、歴史は、かなりありそうで、時代を感じさせる将軍などの人物を描いた巨大な絵画が壁に掛かっていた。仕事を終えたジェントルマンが、帰宅前にビールを飲みに寄り、知り合いと情報交換後、帰宅するようだ。

by kogaj | 2018-03-12 21:07 | 大学

三田会

c0018010_08554658.jpg
最近「三田会」のことが周辺で話題になった。解散したのだという。「本当かね」と思って、ネット上で検索したらウエブサイトは相変わらずあるし、どうもガセネタのようである。第一、解散する理由がない。

水戸暮らしの現在は、そうでもないが、一時、ここを良く利用した。帝国ホテルの地下の飲食街の中にあり、使い勝手がとてもいい。値段も同じフロアーの隣のレストランなどと比較すると段違いに安い。学食に毛が生えた程度の値段。財布に優しいことが請け合いである。

もっとも、中の様子はどうかというと、帝国ホテルの名前から感じ取られる重厚、荘厳、華美、超一流の雰囲気からは程遠い。場末のスナックか。こう書くと、場末のスナックに怒られそうだな。まあ、格式張らないことは請け合いである。

利用するには、慶応大学生あるいはその出身でなければならないようだ。友人に卒業生がいたから利用できたのである。慶応卒は多いから今でも使えるとは思うが。なぜ、三田会というのか。慶應大の専門が港区三田にあるので、三田会というようである。幼稚園からあるので、慶応大は、こうした同窓の絆を重んじ、大切にしているような印象がある。経済界でも社長さん会長さんが多い。

これを有効活用しようとの雰囲気が卒業生には読み取れる。私は、受験もしなかったので、そのうまみは良く分からない。卒業生を見ていると、結構楽しくやっているような印象である。



by kogaj | 2018-03-11 09:07 | 大学

教授会

c0018010_09524893.jpg
卒業者判定の教授会があった。500人近い卒業生予定者の全員の名前が資料にリストアップされており、1人づつ検討する。我がゼミ生は、取得単位等問題なく、全員が卒業できることになった。3月末の卒業式へまっしぐらである。写真はイメージ画像です。
by kogaj | 2018-03-01 09:53 | 大学