カテゴリ:グルメ( 117 )

やまやの明太子


友人からお届け物をいただいた。クール便である。なになに、と開けてみると、中には私の好物のひとつである明太子が入っていた。送り先をみると、長年の友人。ごっつあんです。持つべきものは友人。いいこともありますな。

ちなみに友人は博多にしばらく住んでいたことがあります。私のロンドン時代の仲間でもあります。外地で知り合いになると、付き合いが結構深くなるのですね。奥さんもよく知ってます。

さて、いただいてから、毎日日本飯が続いております。あったかい銀シャリに乗っけて食べると、美味いんですね。あんがとさん。家人も喜んでおりましたぜ。
[PR]

by kogaj | 2012-07-31 23:26 | グルメ

カニの食べ放題:那珂湊港


980円でカニ食べ放題-ということで物見遊山の気分で一路、那珂湊港に出向いた。先日のことである。行くのも初めて、那珂湊も初めて。意外に近いもので、水戸から車で30分超。高速道を使う必要がないから余計な出費は不要だった。わが愛車も久しぶりの遠出に喜んでいるようだ。

到着して驚いたのは、車の多さ。ピーク時を避けたので、無料駐車場は空いていた。運がよかったのもかもしれない。港の方に有料の駐車場はあった。値段をみると、100円。こちらをりようしてもそう負担ではない。

最初に寄ったお店は、30分待ち、ということなので、5分くらい歩いて別の店に行く。するとそちらは待ち時間ゼロ。すぐさま入った。ズワイガニと3色丼の食べ放題で980円。もっとも時間制限がついている。これは40分、短いようでもあるし、長いようでもある。

席に着くと、茹で上げられたカニと3色丼、アサリの味噌汁が運ばれてきた。カニは数えなかったが数パイいたなあ。大ぶりが2はい、あとは小さいやつ。
[PR]

by kogaj | 2012-06-30 08:17 | グルメ

イカセンター


c0018010_1191425.jpg先日、日本橋のイカセンターに行ってきた。目の前の生簀にイカをはじめとした魚介類がひしめいている。それを目の前で調理してくれる。新鮮そのもの。ビール、日本酒、ワインをいただき、とても楽しい宴であった。

知り合いが横浜赤レンガ倉庫の社長をやっていた時にこのイカセンターを誘致したとかで、行くことになった。もっともそれで値段が安くなったわけではない。サービスはよかったかもね。刺身が格別でした。イカはもちろん、鯛、マグロ、アジ・・・・など旬の魚がドッサリ。広島出身の某社幹部もおられましたが、こんなカキは広島でも珍しいようです。

板の間でしたが掘りごたつでかなりリラックスしていただけましたな。一番うまかったのはなんだろう。最初のカキの酒蒸し、大ぶりのプリプリしたのをほくほくしていただきました。
c0018010_11124097.jpg一人、カキにあたったことが過去にあったということでパスした方がおりました。当然のことですが、イカの刺身もよかったです。これもプリプリしておったなあ。
[PR]

by kogaj | 2012-06-10 11:08 | グルメ

フローズンビール


c0018010_11513082.jpgキリンビールが売り出して話題を呼んでいるフローズンビールを先日、いただきました。シャーベット状のビールが泡のようにビールの上にただよっておりまして、これをビールと一緒に飲むわけです。ウィンナコーヒーの表面に浮いている生クリームをほおばりながら飲むウィンナコーヒを思い出しました。とても、新鮮で、美味かったです。

大変な人気のようで、20メートル程度の列をなしておりました。特別なサーバーが必要とかで、一人2杯に限定されておりましたな。当方は、その後に席が控えていたので、1杯だけで終わり。一緒に枝豆をいただきました。ビールはやはり枝豆!!ですね。興味深かったのは、お客さんのうちの6-7割が女性客だったことです。

大手町というオフィス街もあったのでしょう。フローズンを一緒に楽しんだビール会社のえらいさんによると、①女性は、流行に敏感で、試してみたいという気持ちが旺盛②男性客の中には、ビールは、生で飲むのが通で、フローズンは邪道などと考える人もいる-という見立てでした。
[PR]

by kogaj | 2012-06-09 11:44 | グルメ

宮崎のラーメン

c0018010_1617451.jpg各地を訪れるとその地のラーメンを食べることにしている。今回は、栄養軒。幸運にも学会が開かれた宮崎公立大学から近かった。それでも歩いて10分くらいかな。午後1時過ぎに行くと、列ができていた。ウィークエンドだからさすがに家族連れが多い。15分くらい待つとやっとカウンターに座れた。

ラーメンの製造工程が席から望める。まさに、ラーメン製造工場だ。お客さんがまあ40人はいるかな。半分は待ちで半分がすすっている。いろいろメニューはあるのだが、素人は、普通のラーメンだと当たりはずれがない。

c0018010_16172057.jpg

10分くらいして出てきたのは、豚骨スープのぎとぎろラーメンなり。550円。麺は固くもなく、フニャフニャでもない。鹿児島出身の私にとってスープは、まあ、好きなほうかな。
[PR]

by kogaj | 2012-06-04 16:14 | グルメ

タイガ-ビール


c0018010_1824404.jpgこちらに来て食事時によく飲んでいるのがタイガー・ビールである。国の象徴にシンガポールは、マーライオンがある。ビールは、ライオンではなく、タイガーのようだ。気候に合っているのか、とてもおいしく感じる。

シンガポールは、強権国家ともいわれる。こうしたおどろおどろしい表現を聞くと、北朝鮮のような印象もあるが、その意味は、たとえば、横断歩道でないところで道路を渡ると逮捕される、あるいは、ちりを捨てると罰金などに象徴される。

規制が結構多いし、それが実際に権力の行動が伴っているということである。要は、おまわりさん、行政がうるさいということである。日本も少し前までは雁字搦めだった。建国者が制度は、中国をまね、経済の運営は日本を手本とした、ということが背景にはあるだろう。

周辺国の中では飛びぬけて、生活水準が高い。昨年、一人当たりのGDPで日本を上回ったというから本当に高い生活レベルである。
[PR]

by kogaj | 2012-04-27 18:22 | グルメ

久しぶりに上京

調査のため久しぶりに上京した。人に会うために六本木地区に入った。面談には10分ほど時間があったので、そのビルの1階のスーパーに入って、どの程度の値段で売っているのかと調べてみた。すると、驚くなかれ、いや当然というべきなのだろう。

私の住む水戸地区では40円前後で売っていそうな豆腐が300円。凄い高さ。パンもかなり高い。ベーグル一個が350円。いやはや、高いのう。100円台の菓子パンなどはない。オリーブの便をみたら、350円ほどのやつが420円という定価がついていた。

比較的りーぞなぶると思ったのは、酒類。ワインのいちばん安いのが1200円。まあ、こんなものかな。シャンパンが3500円程度だったから、これだとまあ、同じ値段かな。

ビルには、住居もあり、このスーパーで買っている住民は少なくないのだろう。物価は地区によってこんなにも違うのかと痛感した5分だったな。
[PR]

by kogaj | 2012-04-14 18:48 | グルメ

NYは空前のラーメンブーム


やや遅すぎたきらいがあるが、NYは今空前のラーメンブームだそうだ。なんで今頃知ったかというと、来週地元新聞社の読者委員会があるのだが、その関連で新聞を丹念に読んでいたらその種の記事にぶち当たったのである。昨年末からだそうだ。日本人が多いからその需要もあるのだろう。プラス好奇心旺盛な現地のニューヨーカーということなのだろうね。

直接の発端は、ひたちなか市の商工会議所が日本食ブームの米国に日本の伝統食を売り込もうと近くミッションを出すそうだ。その中に、折からのラーメンブームという表現があった。ネットで検索していていみると、その関連の記事がなんということか、ウジャウジャある。

在NYの日本の金融機関が発表するリポートにもそのような報告がある。マンハッタンには、今、結構な数のラーメン屋があり、かなり行列をなしているそうだ。19世紀欧州の美術界を席巻したジャポニズムの再来だな。当時は、浮世絵に世界の美術の巨匠が影響を受けた。

今回は、美術のみならず日本の文化全体が影響を及ぼしているということである。漫画、映画、食文化、いろいろだなあ。世界一の品質を誇るといわれる日本の靴下をそろえたタビオは今、世界で大変なブームなようだ。クールジャパンがいよいよ本格化しているのだなあ。
[PR]

by kogaj | 2012-03-22 22:57 | グルメ

年越しそば


大つごもり、大みそかである。午後に年越しそばを食いに行った。水戸には結構うまそうなところがある。知り合いに末広町の蕎麦屋のご紹介をいただいた。同僚がブログで絶賛していたところでもある。近所のスーパーに車を置き、歩きで蕎麦屋へ。

階段をトントンと駆け上がり、引き戸を開けようとすると、何と!「準備中」という看板。もう閉まっておる。午後2時過ぎというのに。稼ぎ入れ時に仕事をしないんだなあ。水戸らしい。あきらめて隣の蕎麦屋へ。そこはやっていた。

寒かったので、日本酒の熱燗を注文し、飲み、最後に盛りを注文。出汁もいまいち、そばも腰がなく、フニャフニャ。美味くなかったなあ。とりあえず、年越しそばの儀式は終了。こんなもんでしょうなあ。
[PR]

by kogaj | 2011-12-31 10:18 | グルメ

伊勢屋のだんご

伊勢屋のだんごは水戸の名物のようである。先日試してみた。確かにいい味である。なぜなのだろう。どうも、餅で作っているとか。1日経過すると固くなって当初の味が失われるようだ。いわば泣きどころである。



激安の一個50円というのにもかかわらず味は抜群。あっという間に売り切れていく。


[PR]

by kogaj | 2011-12-18 08:11 | グルメ