カテゴリ:グルメ( 117 )

中村屋のどら焼き


c0018010_10212694.jpg最近上京するとお土産にこのどら焼きを買ってくる。普通の半分のサイズでプチどら焼きとの異名もついているようだ。プチとはフランス語で「ちいさい」の意味、英語のスモールに当たる。味もなかなか良い。8個入りで手頃な価格というがまたよい。

東京駅構内ののれん街で売っている。あそこには、弁当はもちろん、ロールケーキのほか、コロッケなどの惣菜などいろいろ売っている。堂島ロールが人気化する前は、ロールケーキなどは1000円以下だったのだが、堂島ロールが値段のアップに火をつけた。いまでは、1500円は普通。

銀座松坂屋の一階の年輪屋で3年ほど前からバームクーヘンを焼いている。あれが、行列するほど人気となり、以降、バームクーヘンも結構な人気。列がさほど長くない時に一度だけ買ってたべたことがある。行列するほどの味でもない。

羽田空港にも年輪屋のバームクーヘンや堂島ロールがある。列を作っているのは見たこともないね。
[PR]

by kogaj | 2011-12-11 10:17 | グルメ

ラーメンすずき 水戸


大学の同僚がおすすめのラーメン屋「すずき」に行ってきた。結構うまかった。値段が250円だったからよしとすべきだろう。場所は、水戸最大の歓楽街大工町の交差点から歩いて2分くらい。半世紀前に立ったかと思われるような古いお店だ。

店内は、8畳くらいだったか。そこに狭いテーブルが4つ置いてある。入ったときは満席。奥に座席があり、そこにも客は座っていた。メニューはラーメンだけ。大盛りと普通盛り、あとはチャーシューメンかどうか。チャーシュー麺だと380円。実はチャーシュー麺を注文したのだが、駄目だった。残念。


味は普通の醤油味。味もきちんとついていて美味かった。麺がやや伸びきっていたのがご愛嬌。大柄のお兄ちゃんが来ていて2食分をぺろりと平らげて帰っていった。印象的だったのは、その食べ方である。左手を一切使わず、テーブルに置いたラーメンのどんぶりに口をつけてひたすら箸で麺を押し込んでいた。お里が知れるとはこのことである。
[PR]

by kogaj | 2011-12-10 14:35 | グルメ

風雅巻き


九州の名産に風雅巻きというのがある。豆をのりで包んだお菓子である。結構値が張る一方で高い人気を誇っている。たまたま入手し、ゼミの時間に提供した。午後5時過ぎとあって小腹がすいていたようだ。皆、「おいしい」「おいしい」とぱくついてくれた。

数本残すのみとなった。結構なことである。鹿児島は、かるかんなどと定番が決まっている。こうしたゲリラ的な人気商品もあるのである。
[PR]

by kogaj | 2011-11-24 21:08 | グルメ

水戸随一の寿司

いn
グーグルの検索で美味い寿司を探した。見つかったのがJR水戸駅近くのお店。試しにランチを食いに出かけた。駐車場もあってアクセスは便利だ。近くに赤十字の病院がある。水郡線の線路を超えたらすぐだった。車を止めて入った。

入り口を入ってカウンターに座る。目の前の壁に黄色の紙にお品書きが貼ってある。よく見ると、セロテープで丁寧にとめてある。牧歌的な感じのするお店だ。ランチは、1000円。夜に来ると、値段は結構張りそう。この2倍は最低しそうだ。

先に来た客は、寿司とそばのセットを食っていた。若いのに左手をほとんど使わずに食っている。家庭のしつけが十分でなかったのだろうなあ。異様な感じがした。そばの汁をすするのに左手を使っていたくらい。結構、いい雰囲気のひとなのになあ。残念。

昭和30年代から40年代の老舗という感じ。寿司を握る主人も朴訥な対応である。帰り際に食べログの一位に輝いた賞状を見つけた。やっぱり名誉ということだろう。味は・・・・・、まあ、普通かな。夜に来るとまた感じが違うのだろうか。

[PR]

by kogaj | 2011-11-08 10:23 | グルメ

酸辣湯麺


皆さん、スーラータン麺を食したことがありますか。これが本当に美味いのである。転職前の会社のビルの地下に「上海」という中華料理屋があり、そこのこのスーラータンが抜群だった。

久しくこの味からとおざかっていたのであるが、幸運にも先日昼飯にこれにアクセスする栄誉にまみれた。ウ~ン、結構いけるのである。最寄のスーパーでは、145円した。札幌味噌ラーメンなどが75円程度だからその2倍である。

即席めんなのにスープが抜群。飯を投入しおじやのようにして味わった。とてもよかったな。興味深いことに、最近完成した水戸駅の駅ビルの中華料理屋にこのスーラタン(800円)があった。これもトライしたが、この袋めんの方に軍配を上げたい。いいものを発見した。あまり頻繁に食べるとありがたみが薄れる。1か月に1度程度にするつもりである。
[PR]

by kogaj | 2011-10-09 07:23 | グルメ

中華


先日同僚と中華を食べに行った。懸案になっていた飲み会の実現である。美味いということだったが確かに美味い。値段の手頃だった。そのうちまた行きたいものだ。

駅の近くで、一見しただけでは分からないところである。夫婦で経営していた。夫婦の会話は中国語だったから、海外から来た人かもしれない。客の応対は日本語。ただし少しなまっていた。ただし、かなりできる感じ。

生ビール1本と中華2皿付を頼んだ。980円である。麻婆豆腐、キュウリの炒め物、餃子、皮蛋など。男二人だったからあっという間に平らげた。追加が酢豚など。結構うまい。値段も酢豚は500円しなかったかな。我々はビールのほか、紹興酒1本開けた。

私としては結構飲んだ方である。帰りはバスで。10分くらい待ったかなあ。
[PR]

by kogaj | 2011-09-28 17:33 | グルメ

私の好物、続編


先日私の好物をタイトルにブログを書いた。尻切れトンボだったので続編を書きましょう。

 好物は、前回書いたように、せんべいでしょうかな。懐具合がさびしいので、値段の高い煎餅はほどんど買わない。一袋100円台で我慢している。時たま、缶入りの1000円前後の詰め合わせも買ったりするが、枚数などで考えると、これも一袋100円台になるだろう。

私が幼いころ千葉の我孫子市に住んでいた。そこでは、地元の名産で木下(きおろし)煎餅というのがあった。これが手焼きで結構うまい。何年か前、その付近に住む友人がその煎餅をプレゼントしてくれた。とてもうまかったな。その味は今でも忘れない。

では、取り寄せればいいではないか、といわれるでしょうね。そう思っているのだが、なかなか行動を起こさないのが私の悪いところ。

油で揚げた煎餅もある。あれはあまり好きでない。結局私はサッパリ系なのかもしれないな。東京駅のお土産名店街に塩煎餅がある。あれも結構好きだ。ただし、ネーミングがよくないね。なにせ、減塩食の時代だから。


銚子のぬれせんべいも悪くない。べたべたしているのが気になるのを除けば。都内では、2-3のJRの駅で売っている。木下せんべい程度の値段だから、そう頻繁には食べられない。もう数年遠ざかっているかな。
[PR]

by kogaj | 2011-09-24 08:59 | グルメ

私の好物


c0018010_7355234.jpgワインの話を書いたが、実はワインよりは焼酎の方が好きである。さらに言えばビールの方がいいね。といっても、体のことを考えてビールは控えめにしてワインという感じ。ワインは在庫が結構あるのでこれを飲みきろうと考えて最近愛飲している。

では、焼酎の持ち合わせがないかと言ったらそうでもない。森伊蔵、伊佐美などのいわゆる幻の焼酎も結構ある。要は貴重品だからもったいないのである。お宝は大事にとっておく。そんな感じかな。

アルコールをたしなむ機会は、転職してから激減した。前は、週に3-4回の宴席があった。誤解してはならない。これは、自腹なのであります。外で食事をすると結構、飲んでしまう。自宅では、そんなにやらない。翌日のことなどが頭によぎるからワインを飲んでもグラスに2杯が限度である。

さて、本日は私の好物を書こうと思ったが、既に、スペースが結構言ってしまった。明日に、好物の「せんべい」の話を描こう。
[PR]

by kogaj | 2011-09-21 07:30 | グルメ

グルジアワイン


c0018010_954666.jpgブログにグルジアワインの話を過日書いたのは皆さんご存知ですね。ワイン通の友人がそれを見て「売ってるよ~」と紹介してくれた。ありがたい限りである。日本では、カネを出せばほとんどなんでも手に入るのだね。驚き、驚き。いや、当然かな。(⇒グルジアのワイン渓谷)

国内でもロシア料理のお店に行けば置いてある、値段が意外に高い。安くて3000円台。だいたい5000円。だから、転職で収入の大幅に減少した私には手に入らない。自宅で飲むにはこの限りではないが。先日のルーマニアワインを見つけた店にあるかもしれない。探しに、水戸駅に行くかな。

件の友人は、ネットでの入手先を教えてくれた。いちばん安くて1000円台。高いのは5000円程度。とりあえず、1000円台かな。友人はシルクロードワインについても教えてくれた。確か、敦煌に行った時に探したのだが、手に入らなかった。量が少ないので入手は困難なようである。


今、自宅にあるのが伊キャンティー(赤)、仏シャブリ(白)、ルーマニアワインだから、グルジアワインは、これを飲み干してから考えよう。あと、フランクフルト空港の免税品店で買ってきたシャンパン、フランスのボルドーの渋いやつなどもあるなあ。飲みすぎないようにちびりちびりとやろう。

大学の紀要用に論文を書き続けて2か月余り。やっとまとまってきた。今回は英文の資料が多いので時間がかかる。日本語の資料と比較すると数倍は時間がかかる。母国語だと読めば、その表現が頭に残るのだが、英語だと、大体の意味を覚えているくらいで、表現は、単語程度しか頭に残らない。

400字詰めで60枚程度書いたかな。80枚が限度だから、そろそろ撤退に入らないと。あと、2週間後に授業が始まるから、この用意もしないとならない。、緊張感が次第に高まってきた。
[PR]

by kogaj | 2011-09-20 08:08 | グルメ

ルーマニアのワイン


c0018010_810678.jpg最近は日本全国の現象だろうが、茨城も水戸駅のショッピング街が結構充実している。先日は、県立図書館経由で行ってきた。そこで見つけたのがルーマニアワイン。ワインの発祥地であるルーマニアワインにぶち当たるのは結構難しく、即、1本購入した。

世界のワインの発祥地であるだけに、その味もなかなか素晴らしい。10年以上も前に、ワインを取材したことがある。その時に、ルーマニアワインをいただく機会があったのだが、これがなかなか秀逸だった。それを機会に愛飲しようとしたのだが、どこにも売っていない。

輸入商社に問い合わせたところ「人気がないので輸入をやめた」ということだった。以降お目にかかったことがない。自宅に帰って食事時に少しばかり飲んでみた。重い方だが結構いける。その後に、イタリアのキャンティーを味わった。比較するとキャンディーが軽く感じるほどだ。

ルーマニアの前には、仏シャブリの白をトライした。これもなかなかのもの。ロシア・グルジアのワインも美味いそうだから入手したいのだが、今のところ見たことはない。
[PR]

by kogaj | 2011-09-19 08:02 | グルメ