<   2018年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ゼミのOGから連絡

c0018010_12184710.jpeg

デーリー東北の記者を担当しているゼミのOGから掲載紙の書評が送付されてきた。日曜の同紙の6月24日朝刊に掲載されたものである。とても嬉しい。
[PR]
by kogaj | 2018-06-25 12:19 | 書評

東京・丸善書店での拙著

c0018010_09335916.jpg

東京駅の丸の内側のオアゾに本屋の「丸善」がはいっている。旧国鉄本社のあったところである。拙著の扱いはどうかと思い覗いてみた。

3階のメディア・マスコミコーナーに駆け上がると、ありました。残念なことに、平台には積んでおかれていない。写真を撮影して来たのでご覧ください。女性のポートレートが表紙になっている『ロックフェラー帝国を倒した女性ジャーナリスト-アイダ・ターベル』(旬報社)で~す。

私のゼミのOGが大阪・梅田の紀伊國屋書店の具合を先日リポートしてくれましたが、置き方がやや違っていますな。こちらの方が見易いのはもちろんである。値段は一緒、2800円+税です。皆さん、宜しくお願い致します。ペコリ

[PR]
by kogaj | 2018-06-23 09:39 | 書評

もう1枚

c0018010_10065264.jpg

東北在住の私のゼミのOGは、出張先の大阪・梅田の紀伊国屋書店の写真をもう1枚送ってくれました。それをアップします。拙著『ロックフェラー帝国を倒した女性ジャーナリスト-アイダ・ターベル』は、ど真ん中に置いてあります。自分の本が真ん中にあるのは嬉しいものです。たくさん売れないかな。

これを見ると大阪でのメディア関係の本の流れがわかります。東京とはちょっと違うかもね。機会があれば、東京の書店の写真をアップすることにします。今しばらくお待ちください。

調査報道、ポスト真実などが目を引きますね。フェイクニュースのないのがなぜなのでしょうか。興味深いです。

[PR]
by kogaj | 2018-06-22 10:09 | 書評

大阪・紀伊国屋の拙著

c0018010_10520249.jpg

この春卒業した私のゼミ生からメイルをいただいた。写真付である。なんでも、大阪に出張した際に、梅田の紀伊国屋に拙著『ロックフェラー帝国を倒した女性ジャーナリスト-アイダ・ターベル』があったとの報告とそのショットである。嬉しい限りである。

梅田の紀伊国屋は、私が大阪にいた社会部・経済部時代に良く利用した。阪急電鉄の梅田駅の階段を下りるとその下に紀伊国屋がある。サラリーマン、学生が良く利用するところだ。曽根崎新地にやはり規模の大きな書店の旭屋が当時あった。出版不況もあってここは何年か前に閉店となったようだが、紀伊国屋はどうにか永らえている。大阪に寄ることがあれば、行ってみたいものである。

[PR]
by kogaj | 2018-06-21 10:53 | 書評

清水先輩

c0018010_09361420.png
先日、清水先輩に研究室を訪れていただきました。私が先般上梓した『ロックフェラー帝国を倒した女性ジャーナリスト-アイダ・ターベル』を1冊購入していただいたとかで、「署名をぜひ欲しい」とのこと。30分程度四方山話をしました。お孫さんに風邪をうつされたようで、夜の懇談会は次回に、ということになりました。

たまたま、先日訪れたイタリアで購入したペットボトルがあり、それを差し上げたところ、「どこに行かれましたか」との質問。「アルベロベッロ(=写真)です」と答えると「20年前に私も行ったことがあります」とのことでした。

清水先輩は、欧州のウィーンを拠点とする国際機関で一時働いておられ、当時、イタリアの担当で、頻繁にこられていたとのこと。アルベロベッロ、イタリアの話に花が咲きました。清水先輩は、数年前に一念発起され、本学の大学院に入学、東日本大震災に絡む原子力関係の論文を書かれ、修士号をものにされました。私の講義にも出席されました。

[PR]
by kogaj | 2018-06-20 09:36 | 友人
c0018010_16170270.jpg
9年ぶりに本を上梓しました。タイトルは、『ロックフェラー帝国を倒した女性ジャーナリスト-アイダ・ターベル』(旬報社、2800円)です。週明けから本屋の店頭に並ぶと思います。弱小出版社なので注文しないと無理かもしれません。

中身は、米国の調査報道のパイオニアといわれる100年前の女性記者アイダ・ターベルの話です。

当時の米石油市場の90%を独占、空前の利益を叩き出し世界一の富豪に上り詰めたロックフェラーのトラスト帝国の闇の部分を明らかにし、ついには解体へと追い込んだ凄腕の女性の話です。出版社のHPに掲載されている拙著の紹介です。ご笑覧、宜しくお願い致します。:http://www.junposha.com/book/b369993.html

[PR]
by kogaj | 2018-06-02 16:17 | 大学生活

水戸・偕楽園にて


by kogaj