人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

花粉症

c0018010_07300402.jpg
先日天気が良かったので、昼に偕楽園に出かけたことはお知らせしました。あの日の天気予報は、花粉が飛び交っているのでご注意と警告を発していた。「まあいいか」と注意散漫だったのが、影響したのか、以降、鼻が詰まった感じが続いている。困ったもんだ。

免疫系の作用だから、私のような年寄りは、花粉とはもう縁がなくなって良いとは思うのだが、そうは問屋は卸さないようだ。昨年は、3月中旬にハンガリーに行ったので、花粉の季節の一部を避けることができた。今年は、それがないのでやや痛い。

最近は良い薬ができて耳鼻科に行けば処方してくれるようである。まだ、そこまでひどくはないのだが、いずれかかわることになるかも。

# by kogaj | 2018-03-06 07:30 | 健康

偕楽園

c0018010_08161461.jpg
c0018010_08160899.jpg
天気が良かったので、近くの偕楽園へ行ってきた。お弁当、ビール持参である。雲量1程度の快晴。時たま強い風が吹くが、まあ、いい按配である。

人出もたぶん、ここ数年で最高だろう。芝生の上にゴザを敷き、昼食を楽しんでいる。私が到着したのは、正午過ぎ、それでも多かったが、その後、続々と人が詰めかけ、ここもあそこも宴会場となっていた。

梅林で有名な偕楽園につきものが「梅娘」。アマチュアカメラマンの要求に応じてポースを取る風景が見られた。写真は、そのうちの一つ。1人が我がゼミの女性です。才色兼備とは、こういう人を呼ぶのだろう。学業も優秀だし、俄然、光るね。


# by kogaj | 2018-03-05 08:22 | 日記

ひな祭り

c0018010_07495590.jpg
桃の節句ということで、3月3日は、ひな祭り。家の中にお雛様は、別に飾ってはいないのだが、私が、小学生時代に歌っていた替え歌「明かりをつけましょう100ワット、お花をあげましょ若乃花、五人囃子の愚連隊、今日は楽しい殴り合い」などをうたっていた。

夜は、永谷園の寿司太郎を使った混ぜずし。これが結構いける。いくらと、エビを混ぜ込んだ上に、刻み海苔をパラパラとかけた。「うん!」なかなかいい。これにハマグリのお吸い物でもあれば、ゴキゲンなのだが、貧乏人の家はそこまで贅沢はできない。

天気予報によると、本日は、最高気温が20度を突破しそうな印象。近くの梅林にでも足を延ばすか。知り合いによると、40%が開花とか。桜に比べれば、華々しさはないが、それなりに風情を感じてよろしい。

20年来の友人が4月から勤務する会社での役員が決まった。お祝いのメイルを書いたら、すぐ返事が返ってきた。勝って兜の緒を締めよ。頑張ってチョウネ。
# by kogaj | 2018-03-04 07:50 | グルメ

シベリアケーキ

c0018010_09072538.jpg

羊羹の話をアップしたので、シベリアケーキについて書きましょう。以前はそうでもなかったが、最近は、スーパーなどでシベリアケーキをちょくちょく見かけるようになった。消費者の需要があるのか、はたまた、私が気が付くようになっただけなのか。

シベリアケーキは、大正時代に登場したハイカラな洋菓子の位置つけだったようである。カステラの間に、あんこやバタークリームではなく、羊羹を挟み込んだところがみそ。脂っこいクリームでなくて、近寄りやすい羊羹が人気に火をつけたのかもしれない。ロシア革命のシベリア出兵の頃か。

シベリアケーキを知ったのは、大学生の頃に、あがた森魚の歌の歌詞の中で「シベリアケーキにお茶でも飲んで、銀座のシネマに行きたいなあ~」というヒット曲がきっかけ。以降、シベリアケーキについて思いを馳せていた。思い出したように買って味わってみる。

今の若い人には、どうだろうか。人気があるのか。甘ったるいのではないだろうか。
# by kogaj | 2018-03-03 09:09 | グルメ

小城羊羹

c0018010_08473305.jpg
小城羊羹という名称を聞いたことがありますか。九州・佐賀では、有名だけれど、ちと離れると知名度はグンと下がります。福岡から本学へ入学した学生に聞いたら知らなかった。これには驚くと同時に、とても残念に思った。幼いころからこの羊羹には、親しんでいるが、普通の羊羹とは違う美味しさがある。一度食したら、絶対に忘れないだろう。

この発祥の小城市は、佐賀県の中心部に位置し、人口は4万4000人程度、羊羹などが産業のようである。では、ふつうの羊羹とどこが、何が違うのか。キンツバという和菓子があるが、あれを想起させるものがある。つまり、回りが、砂糖をまぶしたような薄い層で包まれている。これが上品なおいしさを醸し出しているのである。

少し前に佐賀に行った際に購入した分が残っていたので先日食した。やはりうまい。夏に佐賀に行く予定がある。また、買ってこよう。

# by kogaj | 2018-03-02 08:47 | グルメ

教授会

c0018010_09524893.jpg
卒業者判定の教授会があった。500人近い卒業生予定者の全員の名前が資料にリストアップされており、1人づつ検討する。我がゼミ生は、取得単位等問題なく、全員が卒業できることになった。3月末の卒業式へまっしぐらである。写真はイメージ画像です。
# by kogaj | 2018-03-01 09:53 | 大学

ガストで勉強会

c0018010_09081397.jpg
先般、ゼミ生とガストで勉強会を開催した。大学の研究室で挙行する予定だったのが、構内に入れず、最寄りのガストへ。コーヒーを飲みながら意見交換した。5人が集結したが、朝食抜きが2人。

 朝からラザニアのような食事をおいしそうに食べていた。1人が25%引きの割引券を持っていたので、私が払ったのは、250円。無料の読売新聞の朝刊がドンと置いてあり、1部いただいた。昼に別の面談があり、一時抜けて、午後1時半ごろに舞い戻り、都合4時間くらい滞在した。使い勝手の良いレストランである。

# by kogaj | 2018-02-28 09:08 | ゼミ生

2.26事件

c0018010_10005784.jpg
親戚に、2月26日生まれがいる。興味深いことに、5月15日生まれも。いずれも、戦前の日本史の転換点である。ロシア革命を象徴する11月7日に生まれもいる。革命一族と呼ぶ人もいる。

前の会社に、5・15事件で犠牲となった犬養首相の一族もいた。先般、秋田魁新報を調査に行ったら、かつて犬養首相が論説委員だったという話をしていた。いろんなところでいろんなつながりがある。

# by kogaj | 2018-02-27 10:01 | 政治

国立大入試

c0018010_09430143.jpg
本日は、国立大の入試。本学も右へ倣いである。40数年前に私も受験した。確か3月3日だった。2次試験もあり、それも通過。3月20日過ぎに発表だったことを覚えている。初日の数学の試験がほとんど解けたので満点、合格したかな、と密かに喜んでいた。

発表に見に行くと、予想通り、自分の受験番号が掲示されていた。テレビの取材班が沢山来ており、確かフジテレビだったが、マイクを向けられた。「努力が実って嬉しい」と殊勝なことをしゃべったら、それが翌日のワイドショーで、オンエアされた、友人や家族などから連絡があった。半世紀近く前の話である。

# by kogaj | 2018-02-25 08:55 | 大学

フィットネスクラブ

c0018010_10104190.jpg
10年以上も前から、プールで泳いでいる。都内に在住の時は、区の温水プールに行っていた。自宅近くのこともあれば、職場近くの千代田区などのプールも利用していた。千代田区はプールは、昼間行くととてもすいていたことを覚えている。

水戸に来てからは、フィットネスクラブに入会した。週2-3回の割合で活用している。大学の知り合いもちょくちょく顔を見ることもあるが、最近はそれも少なくなった。

健康のためと、以前はジョッギングをやっていた。花粉シーズンは、ちと大変なので、こちらへ移行した。

# by kogaj | 2018-02-24 10:10 | 健康

宇都宮餃子

c0018010_08123273.jpg
先般宇都宮に行く機会があった。前の会社での初任地で、40年以上も前に2年間住んでいた思い出が詰まった街である。当時の人口は、20万人くらいだった。今は、30万人は越しているのだろう。最大の繁華街のオリオン通りを昨年歩いたが、40年前の方が活気があったかも。

もっとも、スプロール化で、郊外の方にショッピングセンターなどができて、街全体としては、活気が出ている。仕事のほか、友人らと久しぶりに昔の話に花が咲いた。餃子をたべたかったのだが、時間がなくて、今回はお土産でガマン。私の知っている宇都宮の繁華街は、当時、餃子のお店はそう多くはなった。

餃子で売り出したのは、1990年代の後半になってから。町おこしの一環である。90年代には、取材にも来た。その後、カクテルの街でも売り出したが、それはさほど盛り上がりはみせていない。

# by kogaj | 2018-02-23 08:12 | グルメ

あじま

c0018010_10304851.jpg
先般、友人ととんかつ屋「あじま」へ行ってきた。値段も手頃だし、美味いので良く使う。ここのお薦めはエビフライ。天ぷらであがっているのに、触感は生の海老のような感じ。とても美味しい。午後6時半に入って出たのは、午後9時半。学問のあり方など論壇風発で楽しい宴であった。
# by kogaj | 2018-02-22 10:31 | グルメ

カーリング

c0018010_07491478.jpg
 韓国・平昌で開かれている五輪で、カーリングでの日本勢の活躍が目立っている。何回か前からの五輪から注目されるようになった。日本勢が上位の成績を収めるようになったからである。私の学生の頃に「ある愛の歌」という映画がはやった。その中で、アイスホッケーの場面が頻繁に出てきた。この影響もあって、当時、アイスホッケーが人気化した。

 スポーツが人気化するきっかけはいろんなところにある。英国・ロンドンに住んでいた約20年前に、近所の公園に、カーリングをする施設があり、お年寄りが、冬の寒い朝にもかかわらず、集まってプレーしている風景が良く見られた。日本のゲートボールに当たるんだろう、と理解していた。

 帰国後、日本でもカーリングが人気を集めていたので、驚いた記憶がある。ロンドンの冬は寒い。前日の夜に、水を撒いて氷を張らせて、プレーを楽しむのだろう。日本は北海道だと可能かもしれないが、都内などだと難しいね。ロンドンには、本当にたくさんの公園がある。広いし、緑の芝生がまぶしい。その一角でである。もっとも、その施設があるのは、一部だけなんだろうな。

# by kogaj | 2018-02-21 07:50 | 国際

成績入力

c0018010_08320083.jpg
 後期末が迫っている。4年生の卒業判定のために成績を入力した。いつも悩むのは、全員に良い成績をつけてあげたいのはやまやまなのであるが、それをやると不公平が出てくる。努力した学生と、そうでもない学生の差は、歴然とある。 

甘い点数を付けるのは、キチンと対応している学生に対して申し訳ない。結局、苦渋の選択ということになる。学生の入手する成績表には、優良可ということで表示される。例えば、80点だと優、79点だと良、ということで差はほとんどない。この辺は、学生には分からない。

それなら1点あげて、80点にすればよいではないか、との声が聞こえてきそうだ。なかなか難しいところである。
# by kogaj | 2018-02-20 08:33 | 大学

野口英世像

c0018010_08190226.jpg
 先般、東京国立博物館の仁和寺展の帰りに上野公園の中に、野口英世の像があるのをみつけた。気が付いたのは、初めてで、とても驚いた。国立科学博物館の前である。3-4メートルはあるかな。試験管を持った白衣姿である。

ネットで情報を検索すると、同じ福島出身の同郷人の発案による募金活動を経て製作され、昭和26年3月に除幕されたようである。確か、信濃町の慶應病院の裏に、野口英世博物館があった。あれと合体させてば良いのになあと考えたりもした。

 今から10年以上も前に、エクアドルのグアヤキルを訪れた際に、野口英世通りがあることを知り、車で走ったことを思い出した。伝染病の撲滅に尽力した功績を評価されたようである。英世の一生を描いた『野口英世は眠らない』も面白かった。ロックフェラー研究所では、研究室に張り付き、研究に没頭したようだ。破天荒な人物であったことを生き生きと描いていた。

 友人が先般在ガーナの日本大使で赴任した際に、この本を勧めて置いた。ガーナでは、最も有名な日本人であるようだ。

# by kogaj | 2018-02-19 08:19 | 日記

シラバス入力

c0018010_08214801.jpg
 期限が迫っていたので、シラバスを入力した。ネット上のウィキペディアによると、シラバス (Syllabus) とは、日本では講義・授業の大まかな学習計画、と説明している。私が大学生だった40年前には学生向けにこんな親切なものはなかった。

 もっとも、講義を聞かずに試験だけ受けて「優」を獲得する優秀な学生もいた。だいいち、語学を除くと、出席も取らない講義がほとんどだった。

 内容は、どんな講義をして、何を狙い、目指しているのか、などをビッシリ記述する。講義する15回分の各回の内容も詳しく書く。学生の最も関心のある評価の仕方も記述する。毎年入力するのだが、前年の分を上書きして、修正することが可能である。今年は、かなり修正した。学生は読んでくれるのだろうか。
# by kogaj | 2018-02-18 08:18 | 大学

京都・仁和寺展

c0018010_09552409.jpg
東京・上野の東京国立博物館で開催されている仁和寺展へ出かけてきた。先般の運慶展に続き、今年2回目である。運慶展では、入口で30分ほど待たされた。今回はそれもなし、すんなり入れた。

こうした日本の文物展に興味が多いのだろうか、中に入ってみると結構な人間の数である。私より年寄りの70歳くらいの人がほとんど。私も数年するとそれに仲間入りである。大阪藤井寺市のお寺が保有している千手観音が凄かった。

8世紀のものだから、今から1300年前に造られたわけである。できた当初は、金箔などで覆われていたのだろうから、後光が差していたのだろう。幸運にも写真撮影が許可されていた部屋があった。もっとも、フラッシュは禁止、アイパッドで撮影した。フラッシュがないからやはり暗いね。

# by kogaj | 2018-02-17 09:56 | 経済

義理チョコ

ベルギーのチョコメーカーのゴディバが、「義理チョコは止めましょう」などと呼びかけているようですが、14日は、チョコレートをいただきました。ありがとうございます。とても嬉しい。何年振りだろうか。

大学の教員だと、ゼミ生などからプレゼントされるのだろうと思われますが、至ってそんなことはありません。ゼミ生以外からいただいたことはありますな。いずれも、超高級なチョコで写真で表示したquatreは、超リッチなおいしさ。フランス語だからフランス製かな?日本では、このヘビーさは、あまり味わえません。私のタイプです。

 もう一つは、ゴディバ、英国ロンドンでは、ゴダイバと発音することが多い。英国人は、二重母音で発音することが多いからね。例えば、NIKONだとナイコン、PAPERは、パイパーなどと発音する。米国人に聞かせてあげるととても喜びます。

 クッキーの間に濃厚なチョコレートが入っていて、これも凄い上手さ。5分で食べてしまいそうですが、1日1枚、数日かけて食します。
c0018010_07484612.jpg
か。

# by kogaj | 2018-02-16 07:46 | 書評

醍醐味

c0018010_10522006.png

東京駅前の丸ビル5階の「醍醐味」で新年会。お魚がとても美味しいお店で、ノドグロ、キンキなどを食させていただいた。刺身も抜群にいい。さらによかったのは、日本酒。最近、越の寒梅の吟醸酒を入手していただいているが、それよりおいしかったかも。

メンバーは、旧知の友人ら。3時間が一瞬に過ぎて行った。月末にまた、新年会を予定している。

# by kogaj | 2018-02-15 10:52 | グルメ

沖縄料理

c0018010_09070612.jpg

c0018010_09071817.jpg















沖縄料理店で懇親会を開催したのは既にアップしました。意外においしくてビックリ。年寄りなので、ギトギトギットンの食事は苦手です。お刺身も、ハマチなぞは避けてます。豚骨のヘビーな食事かなと思っていたのがそうでもなかった。沖縄料理特有の、豆腐や海ブドウ・・などなど。

 学生が喜ぶような鶏のから揚げもありました。出色は、ソーキソバ。脂ぎったヘビーなラーメンを想像していたが、正反対。確かに、トンコツだが、淡泊な味で、スルスルと食してしまいました。美味かったぜ。これまでホーキ蕎麦と思い込んでいたのが、ソーキであることが判明。間違った記憶が訂正されたのもよかったな。

# by kogaj | 2018-02-14 09:09 | グルメ

新年会兼お別れ会

c0018010_09405218.jpg
 先般、大学入門ゼミで1年間付き合ってきた1年古賀ゼミとの懇親会を挙行した。17人のうち10人が来てくれた。とても嬉しい。場所は、大学近くの沖縄料理店。最近オープンしたところである。

 恒例の全員発言で、全員が「このゼミに入って良かった」との感想を述べてくれた。皆発表が上手くなった。私が言うのもなんだが、出来のいい学生が沢山来てくれたので、この1年間やりがいがあった。あと、3年間の大学生活であるが、大きく伸びてほしい。


# by kogaj | 2018-02-13 09:41 | ゼミ生

マスコミとの懇談会

c0018010_09173170.jpg
本学のメディア・コースからは、毎年、新聞、放送などマスコミへの就職者が数人いる。先般、その有志を募り、マスコミ関係者との懇談会を開催した。当初、水戸在住の支局長を講師に予定していたのであるが、体調の不調を訴えられて急きょ、支局員がピンチヒッターに。

ところがである。俄かに殺人事件が発生ということで、急転直下、現役の記者の出席は、キャンセルとなった。これは、良くあることである。実は、40年近く前に、以前の会社の記者時代に、私の大阪社会部への送別会が開催されるという直前に、殺人事件が発生、送別会を返上し、全員が現場へ直行。送別会がおじゃんになったことを思い出した。

もっとも、その日の殺人事件は、その後、そうでないことが分かり、記者が遅れて駆けつけてくれた。4月から記者、アナウンサーなどになる学生にとってはとても有意義な集まりだったことだろう。

# by kogaj | 2018-02-12 09:14 | ゼミ生

ベーグル

c0018010_11181549.jpg
朝飯にときたま、ベーグルをたべる。コストコで購入してきたやつである。1個50円くらい。もちもちしてうまい。半分に切って中にハムなどを入れて食べても美味いな。以前、NYにいた時に、1ドルショップで、5個入りのを売っていた。これは、結構おいしかった。
米国のスーパーなどで、店頭に良く置いてある。英国はそうでもない。先般行ったハンガリーでは、訪問したカーロリ大に通じる通りにベーグル店があったなあ。

# by kogaj | 2018-02-11 11:18 | グルメ

プレゼント

ゼミの追いコンでは、終了直前に卒業する4年生から素敵なプレゼントをいただいた。花束と白ワイン、そしてそれを入れるワイン・グラスである。ありがとう。大感謝、大感激である。家宝に残しておくべきか、それとも飲んでしまおうか。To be or not to be. That is a question.

花束は、玄関においた。ボヘミアガラスの花瓶にいれた。1か月くらい持つだろうか。
c0018010_09514642.jpg

# by kogaj | 2018-02-10 09:52 | ゼミ生

追いコン

ゼミの追い出しコンパを挙行した。水戸駅の近くのレストラン。金融機関に就職したOBが駆けつけてくれ、とても盛り上がった。4年生の大学生活はあと1か月半。残り少ない生活を有意義に過ごしてもらいたいものです。

体調不良で欠席した3人を除き17人が顔を出してくれた。4年生は、約4年間の思い出を披露してくれた。2,3年生は、4年生への想いを語ってくれた。

興味深かったのは、私のゼミは、こうした催しを今年度で10回開いているということである。ほぼ毎月ということである。宴会好きなゼミということも言えるのだろう。
c0018010_10351783.jpg

# by kogaj | 2018-02-09 10:36 | ゼミ生

新潟物産展

先般、恒例の新潟物産展があって、行ってきた。行列に並ぶと、順番でその日のお土産をいただける。

本日は、新潟名物の柿の種。私のお目当ては、日本酒の越の寒梅。30年くらい前は、幻の銘酒と言われたが、最近は、八海山、久保田などをはじめとして、幻の銘酒が沢山出てきたので、かつてほどもてはやされなくなった。

 もっとも、うまい物は美味い。何本か購入して自宅へ持って帰ってきた。1年かけてちびりちびりとやることになる。

c0018010_11153132.jpg
c0018010_11153663.jpg<

# by kogaj | 2018-02-08 11:16 | 日記

1か月先

c0018010_11220380.jpg

 10年以上かかっていた歯科のお医者さんが、所要で引退されることになった。このため新しい歯医者さんを探さないとならない。知り合いにご紹介をいただき、本日予約をいれると、何と3月下旬となった。急に痛くなったらどうしようか・・・などと考えている。

 歯医者さんの数は、コンビニより多いといわれるが、人気のあるところは、予約に時間がかかるようだ。
 

# by kogaj | 2018-02-07 11:22 | 日記

友遠方より来る

c0018010_11042890.jpg

20年来の友人が立ち寄ってくれた。ありがたいことである。最近めっぽう忙しい当方は、大変申し訳ないながら、昼飯で近況を語り合った。福島県に所要があったようで、特急を降りてくれた。駅ビルで食事と思ったのだが、あいにく、駅ビルは、休館。ビッグカメラだけが空いていた。ここでの食事は無理だ。
少々歩いて、中華料理屋へ行く。私は、牛肉の炒め物。友人は、あんかけ焼きそば。私のは、結構いけたが、友人はそうでもなかったようである。最近の話題に1時間半費やし、午後2時前の特急で帰って行った。私はバスで舞い戻り、仕事に復帰した。

# by kogaj | 2018-02-06 11:04 | 友人

節分

c0018010_10444335.jpg

週末は、節分だった。豆を購入して、自宅で「鬼は外」「福は内」と古来の風習にのっとって儀式を挙行した。売り上げを何とか伸ばしたいとのコンビニ業界の悪巧みなのか、最近急に恵方巻きというのが流行りだしたが、それはなし。
 今を去ること約60年前の小学校の頃に、新見南吉著の『泣いた赤鬼』の読書感想文を書いて、出身の鹿児島県ナンバーワンになったことがある。どんな内容かは忘れたが、鬼が悪者となぜ決めつけるのか、というような趣旨ではなかったか。

 最近の小学校の授業で、昔話の桃太郎を取り上げて、鬼にも子どもがいて、成敗されて亡くなった鬼のお父さんについて議論することがあるようだ。桃太郎もそこまでやる必要はなかったのではないか、との結論に達するようである。いろんな角度から見つめる教育は、結構なことだと思う。単細胞の我が国の首相に付ける薬があれば、嬉しいのだが。

# by kogaj | 2018-02-05 10:44 | 日記

OBを囲む会

c0018010_12574223.png

卒論発表の終了後、わざわざ、新潟からこの日のために来てくれたT君を囲む会を挙行した。最初は、7人だったのが、M先生とMゼミの2年生が駆けつけてくれ、都合9人に。T君が、先般の大雪で立ち往生となった電車事故についての話を聞かせてくれた。
うち何人かが4月からマスコミの記者として活躍する予定なので、真剣に聞き入っていた。私は所要があって途中で抜けた。12時頃までやっていたのだろうか。
# by kogaj | 2018-02-04 12:54 | ゼミ生